blogブログ

福岡古書組合 博多の市場へ行ってきました

2018.04.27

北九州の市場は毎回のように参加しているのですが
博多はちょっと遠いという事もあり
すっかりご無沙汰。
気が付けば今年初めてです。

 

福岡古書組合主催の博多の市場は
春日市のとあるお寺のセレモニーホールで
月2回開催されております。

 

 

 

いつものように搬入口に車をつけて
まずは出品する荷物を降ろします。
搬入、陳列は運営員の方がやってくれるので
あとはお任せです。

 

まずは置き入札。

 

 

欲しい商品に希望の金額を書いて封筒に入れます。
時間になったら開札をして
一番高い金額を書いたお店がめでたく落札です。

 

その後フリ(競り)です。

 

 

これはお馴染みですね。
この時の会話が面白いです。
博多弁が飛び交います。

 

会場の隅では会計担当の方々が
清算業務に大忙しです。

 

 

今回の当店の落札品です。

 

 

仏教書、野球の本が大量に出品されており
それらを落札しました。
その他、哲学書や歴史書なども。

 

博多ではポイントカードがあり
来る度にスタンプを押してもらえます。

 

 

全部埋まったらイイ事があるのですが
それはその時に紹介します。
道のりは長いですね。

 

今回はお昼を挟まずにそのまま
清算をして荷物を車に詰め込み
帰り道の途中ランチへ。

 

「十徳や」です。
博多の古本屋さんに連れられて
初めてやってきました。

 

 

イカが名物のようです。

 

 

後で調べてみたら九州・山口・広島で
「十徳や」「さかな市場」など
60店舗以上を展開している
居酒屋チェーン店のようですね。

宇部や下関はもちろん
山陽小野田市のサンパークにある
「廻鮮さかな市場」も同じ系列でした。
ここはUターンする前から
帰省時に何度も行った事があります。
もう5年以上は前になると思いますが
寿司職人がカツオを出す時に
「中島くんの友達いきますよー」
と言ってたのがツボでした。
私以外に人には全くうけてませんでしたが(笑)

 

日替わり定食を頂きました。
ドリンクバーもついててお得です。

 

 

その後大宰府インターより
一路山口方面へ。

途中の直方パーキングエリアで
お土産に定番ですがひよ子を購入。

 

 

同行した先輩から
ソフトクリームをご馳走になりました。
冷たいものが美味しい季節になりましたね。
ありがとうございました。

 

 

福岡古書組合の皆様
この度はお世話になりました。
また元気に参戦しますので
これからもよろしくお願いします。

 

雨と夢の本屋では
福岡県への出張買取を承っております。
古本・古書・紙物・資料・レトロ・懐かし物
CD・DVDなどなど
ご不要になったものがございましたら
是非当店にご依頼ください。
どうぞお気軽にご連絡ください。

 

北九州古書組合の市場へ行ってきました

2018.04.20

日中は汗ばむくらいの暑さになってきましたが
朝はまだまだ寒いです。
車の暖房をつけながら
北九州古書組合の市場へ行ってきました。

 

会場の北九州パレスです。

 

 

まずは搬入口から出品する荷物を降ろします。
会場への運搬、陳列は経営員の方が
やってくれるので後はお任せです。

 

会場内です。

 

 

この状態から荷物が次々と運び込まれ
壁面や床まで本などで埋め尽くされます。
出品が出揃った状態の写真を撮って
比較して掲載しようと思っていたのですが
すぐに入札に夢中になってしまい
忘れてしまいました(笑)

 

ホワイトボードに入札単位の規定が書かれています。

 

 

毎回来ていれば頭に入っているのですが
各市場によってルールが異なりますので
初めてやたまに来る人達のために
ちゃんと掲示してあるのです。

ん????

たけのこ??

 

 

いやあ色々な市場に行きましたが
差し入れにたけのこがあったのは初めてです(笑)
画像はかなり皆が取った後でして
もっと袋一杯に入ってました。

普段なら喜んで持っていくとこなんですが
先日たくさん頂いたばっかりでして
3日連続でたけのこづくしだったので
今回はご遠慮しました(笑)

 

いつものように最初は入札して
時間が来たら開札。
その後フリ(競り)が行われました。

 

落札品は店名が貼ってある場所に各々が集めます。

 

 

それにしても達筆です。
誰が書いているのでしょうか。

 

今回の当店の落札品です。

 

 

茶道、工芸、陶芸関係、文学、和本、美術書などなど
計10点の落札でした。
出品した本も無事全部売れてくれてホッと一息。

 

お昼は博多から来られた皆さんとご一緒に
「インド料理 MINA」へ。

 

 

 

メニューです。

 

 

ここは無難に日替わりカレーを注文。
木曜日は豆とチキンカレーでした。

 

 

お子様の私は当然甘口を注文しますが
皆さん5倍とか10倍とか平気で食べてます。
大人の味が分かるようになりたい。。。

 

セットのドリンクはマンゴーラッシーにしました。

 

 

名古屋の市場に行っていた時は
近くにあるムガルパレスというインド料理屋で
カレーをよく食べておりましたが
そこに匹敵するくらい美味しかったです。

 

会場に戻り清算、荷物を積み込みます。
帰り道に何度も立ち寄っている
お菓子のリーフ八幡本店へ。

 

 

保冷剤がもらえるとはいえ
今日の暑さと帰宅までの時間を考慮して
ケーキ類はやめて焼き菓子に。
次からはクーラーボックスが必要ですね。

 

リーフパイ

 

 

ココナッツマカロン

 

 

ココナッツマカロンが子供に大うけで
食べながら満面の笑み
次もお土産にねだられました。
覚えておくよ。

 

雨と夢の本屋では
北九州市への出張買取を承っております。
古本・古書・紙物・資料・レトロ・懐かし物
CD・DVDなどなど
ご不要になったものがございましたら
是非当店にお任せください。
どうぞお気軽にご連絡ください。

 

名古屋古書組合大市会へ行ってきました

2018.03.28

1年前まで所属しておりました
名古屋古書組合の大市会へ行ってきました。

名古屋では毎週火曜日に通常の業者市が
開催されておりますが
毎年春には年に一度の大市が開催されます。
通常は最低入札価格が1000円なのですが
この大市はその名に相応しく1万円から。
出品される荷物も高価なものばかりです。
そうなると会場の半分は古文書や和本
掛軸、絵画、鳥瞰図、絵葉書、資料などの
かなり年代の古いものが占めてきます。
1点で何十万、時には何百万の物も。
普段なかなかそういったものを見る機会というのは
ありませんので大変勉強にもなるのです。

 

最近は車とフェリーを利用して行く事が
多かったのですが今回は鉄道です。
はじまりはいつも小野田駅。

 

 

新山口駅で新幹線に乗り換えます。
長い事工事をしていましたが
ようやく終わったようですね。
一昔前では考えられないくらい
洗練された駅構内になりました。

 

 

春休みのぞみ臨時便に乗車。

 

 

昔は名古屋まで3時間以上かかってましたが
今では3時間を切るようになりました。
名古屋でこだまに乗り換えて
次の三河安城まで行きます。
松本人志のコントNHKでの
名探偵 三河安城を思い出してしまうのは私だけでしょうか。

 

 

初日はここから妻の実家へ向かい宿泊。
旅の疲れを癒します。

 

翌日、名鉄とJRを乗り継いで鶴舞駅へ

 

 

そこから徒歩6~7分で名古屋古書組合へ到着。

 

 

受付を済まし会場の中を物色。
圧倒的な質と荷物の量に目を奪われます。
全国から古本屋さんが来てますので
色々な方とご挨拶。
数年ぶりに会う方もおりますので
山口に引っ越したんだね~などと
近況報告などを兼ねて
古書業界の情報取集。

11時から1階の開札スタート。
何十万のものはもちろん百万超えの落札物には
たくさんの人だかりができます。
こういったものを見るだけでも来たかいがあります。

 

お昼になりましたので近くの気晴亭へ。
店内にはすでに多くの古本屋さんが(笑)

 

 

数えきれない程通った店ですが
ここへきてまさかの新メニュー登場!

 

 

いわゆる鰻のひつまぶしを真似たものなのでしょうが
これは食べてみるしかありません。

他にもこんなメニューがありますよ。

 

 

混雑してましたのでそれなりに待たされましたが
写真に偽りの無い堂々とした姿です。

 

 

一緒に行った北海道の古本屋さんは
しゃちほこ丼を注文してました。
名古屋満喫メニューですね。

 

 

とんとんまぶしの肝心のお味の方ですが
これは絶品です。
分かりやすく言えば豚角煮丼というか
チャーシュー丼というか。
名古屋らしく味は濃いめ。
別売りの生卵も付けましたが
無くても充分いけます。
これは来る度に食べてしまいそうです。
ただ女性の方、小食の方は完食するのに
ガッツが必要そうですね。

デザートにゴマ団子を頂きました。

 

 

食事を終えて会場に戻り
2階の開札を見ます。
こちらの方が明治、大正はもちろん
江戸時代やそれ以前のものが多く圧倒的に
落札価格が高いです。
新本は定価の何パーセントみたいな
考え方をしがちですが
こういったものはそもそも定価が無いので
上限がありません。まさに青天井。
でもベテランの方に聞くと昔に比べれば
これでも随分と安くなってしまったそう。

最後に今回1番の落札価格の品を
じっくり見て会場を跡にしました。

 

さて帰ろうかと思ったら
仲良くさせて頂いていた古本屋さんと
立ち話が弾んでしまいそのまま喫茶店へ。
楽しく為になるお話しをありがとうございました。

 

名古屋古書組合大市会担当の皆様
この度は誠にありがとうございました。
大盛況だったようで何よりです。
また来年も楽しみにしております。

 

北九州古書組合の業者市に行ってきました

2018.03.16

いつの間にか3月です。
ちょっと風邪をこじらせて寝込んでいたり
確定申告があったりしてついついブログの方に手が回らず
久しぶりの更新となってしまいました。
温かくなってようやく心技体が充実してきましたので
しっかり買取報告や古本関連の話
地元ネタなど記事をアップしていこうと思います。

 

さて毎月第3木曜日(金曜日の場合も有)は
北九州の市場が開催されます。
今回も張り切って行ってきました。

 

会場の北九州パレスです

 

 

まずは出品する荷物を搬入口で降ろします。

北九州の市場では運営員の方が運んで陳列してくれます。
以前通っていた名古屋の市場は自分で運んで陳列します。

これは北九州の人が親切で名古屋の人が不親切という訳ではなく
古書会館があるか、会場を借りているのか
搬入口に何台車がとめられるか、そういった事情を考慮して
ベターだと思われる方法を各市場で採用しているようです。
北九州の市場は会場を借りており
当日の朝しか搬入ができず
搬入口に車が1台しかとめられないので
このようになっているのではないかと思います。
運んでもらうほうが楽で良いのですが
実は一長一短あるのです。
また機会があればお話ししたいと思います。

 

 

本日の差し入れは待望の巻き寿司です。

 

 

以前も記事にしましたが
これは私が今までの人生で食べた中で
一番美味しい巻き寿司なのです。
ここ2回程販売しているお店がお休みだったそうで
この巻き寿司が無かったので
強く要望していたのでした。
バクバクと食べます。ご馳走様でした。

 

このブログは食べ物の話ばっかりと言われますので
古本屋ブログらしくちょっと北九州市場の流れのお話しを。

 

まずは入札形式が行われます。
出品されている荷物には封筒が付いています。
欲しい金額を紙に記入して封筒に入れます。
時間になったら開封をし
一番高い金額を記入しているお店が落札となります。
なんだか文字だけだと分かりにくいですね。
そのうち画像を交えてご紹介したいと思います。

 

続いてフリが行われます。
一般の方にはこちらの方が馴染みが深いのではないでしょうか。
オークション形式で金額を発声していき
一番高い金額を言ったお店が落札となります。
多業種でも見かけるいわゆる競りですね。

 

 

だいたいお昼頃に終わります。
清算業務が終わるまで時間がありますので
それまでランチに出かけます。
今回は以前1度来た光昇園へ。

 

 

戸畑チャンポンに心を惹かれつつ
前回と同じく木曜日のランチ
トンカツ定食を注文。

 

 

基本的に食べ物に関しては
色々チャレンジする性格なのですが
すごく美味しかったのでリピートしてしまいました。

清算して荷物を積み込み
山口組合の同業者の方2名と一緒に帰路へ
関門トンネルを潜り抜け無事戻ってきました。

 

おまけ

例の巻き寿司は
北九州組合の会長が用意してくれるのですが
家でも食べたいので
お持ち帰り用をお願いしておりました。
(もちろんお持ち帰り用は代金を支払いましたよ)

 

家族にも大好評であっという間に無くなりました。

古本業者市 北九州古書組合の初市へ行ってきました

2018.01.20

当店の今年の初市参加は北九州です。
市場が開催される北九州パレスへ行ってきました。

 

 

初市という事もあり差し入れがいつもより豪華です。
昨年まで参加しておりました名古屋の初市は
振る舞い酒とおつまみの竹輪が恒例でしたが
いつも車でしたので
お酒は飲めずに竹輪だけ頬張っていました。
それを思えば北九州最高です。

 

 

もちろん仕事も忘れずにします。
丹念に出品をチェックして入札していきます。
ミリタリー本や古い資料、和本、キリスト教関連、美術本、骨董関連など
幸先よく5点程落札できました。

 

 

昼食は館内の「とばた麺之介」で。
いつものメンバーに初めてお会いした
島根から来られた古本屋さんとご一緒させて頂きました。
今度ともよろしくお願いします。

 

 

ミニカツ丼セットを注文。
うどんがメインの店なので
カツ丼に関しては正直あまり期待してませんでしたが
なかなかどうして美味でした。

 

 

清算を終わらせて荷物を車に積んで出発。
近くのケーキ屋さん「Leaf」へ立ち寄ってお土産を購入。
お目当てはもちろん看板にある
全国1位に輝いた行列スイーツ 生チョコサンドですが
とにかく店員さんの接客が素晴らしかったです。
それだけで来てよかったと思える程です。
私も見習わないといけません。

生チョコサンドは自宅で夕食後においしく頂きました。
食べる事ばかり考えていたせいか
写真を撮るのを忘れましたのでまたの機会に。

以上初市のレポートでした。

 

このように市場でも仕入をしておりますが
やはり当店の商品の主力はお客様から買取させて頂く本たちです。
皆様からの買取のご相談を心よりお待ちしております。
お気軽にお問い合わせください。

 

古本業者市 名古屋市場 千中会へ その2

2017.12.23

名古屋の古書市場は毎週火曜日に開催されています。
現在は五月会、研究会、全無会、千中会の4つの
市会が週替わりで市場を運営しておりまして
当店は今年の春まで千中会に所属しておりました。
今回は千中会の市場です。
名古屋には古書会館があり
ここで市場が開催されています。

 

 

千中会の皆さんへお土産を持参。
宇部の利休まんじゅうです。

 

 

お昼は千中会の皆さんと一緒に
お弁当を用意して頂きました。ありがとうございます。
食べた後で写真を撮るのを忘れた事に気が付き
弁当箱のみ撮影。

 

 

運営のお手伝いをしながら出品物が
いくらで落札されていくか確認します。
市場での落札価格が最新の相場となりますので
しっかりと頭に叩き込みます。
今回改めて勉強になったのが
北九州や博多の市場との相場の違いですね。
興味深く観察しておりました。
当店が出品した荷物もいい具合に売れてくれました。
山口から持ってきたかいがありました。

引き続き本日は千中会の忘年会。
うれしい事にお誘いを頂きましたので
市場終了後会場である名鉄犬山ホテルに向かいます。

 

 

国宝犬山城のすぐ近くです。
ライトアップされて美しかったのですが
浮かれていたのか肝心の写真を忘れます。
チェックインしてすぐに一風呂浴び
お楽しみの宴会です。

 

 

会長の挨拶の後に乾杯!
無事に一年を乗り切れた安堵感から
和やかに宴が催されます。

 

 

お酒が進むにつれて盛り上がってきました。

 

 

部屋に戻ってからも2時頃まで延々と話し込んでいた
記憶がありますが意外と朝はすっきり起きて
朝風呂の後に朝食会場へ。

 

 

その後は犬山観光組と直帰組に分かれます。
私は今日帰路に着く為、
観光をあきらめ妻の実家へ向かいます。
家族と荷物をピックアップして出発。
義父の畑で採れた野菜をたっぷり頂きました。

大阪南港への道のりも順調に進み
余裕をもってフェリー乗り場へ到着。
ここまでくれば一安心です。

 

 

あとはのんびり船に揺られ翌日8時半に新門司港に到着。
山陽小野田市へ戻ってきました。
まだまだこちらへ引越してから1年も経ってないので
帰ってきた感はむしろ名古屋へ行った時の方が強いですね。
いつになったら逆転するのでしょうか。
さて通常業務に戻ります。

名古屋千中会の皆様、ご来場頂いた皆様
この度は誠にありがとうございました。
帰省を兼ねてこれからも市場に行きますので
どうぞよろしくお願いします。

なお出張中も買取の電話は携帯の方へ
転送されるようになっておりますし
メールも随時チェックしております。
いつでもお気軽にお問い合わせください。

古本業者市 名古屋市場 千中会へ その1

2017.12.22

今年の春まで所属していた名古屋古書組合の業者市へ行ってきました。
市場へ出品する荷物を積み込んで車での移動になります。

まずは新門司港へ。名門大洋フェリーに乗船です。

 

 

車ごと乗りこみます。

 

 

妻の実家へ帰省を兼ねてますので子連れに最適な和室を選択。
洗面所やテレビも部屋にあります。
フェリーでの移動もすっかり慣れたものでして
最初の頃は船内を色々探検したものですが
今ではすっかり部屋でくつろいで過ごしてますね。

 

 

朝食はレストランで食べました。
ビュッフェ形式です。

 

 

海を見ながらの朝食は格別です。

 

 

明石海峡を通過。

 

 

大阪南港に到着。
下船して名古屋方面へ向かいます。
途中亀山SAで休憩。
カメヤマローソクのお店を発見。

 

 

一見ローソク屋とは思えない程おしゃれです。
店内をじっくり見て回ります。

 

 

途中工事渋滞がありましたが
大きなトラブルも無くお昼過ぎには
無事に妻の実家の西尾市へ到着しました。
続きは後日。

古本業者市 博多特選市に行ってきました

2017.12.09

博多の市場は月に2回開催されていますが今回は特選市。
最低入札価格も1000円→2000円へ。
出品されている荷物の量も質もいつもより断然上です。
当店も荷造りをして車に詰め込み準備万端。
当日の朝を迎えます。

朝6時半に先輩古本屋さん2名と集合。
まだまだ外は暗いです。
途中いつものパーキングエリアで休憩をして
大宰府ICで降り会場へ向かいます。

博多の市場とは言っておりますが
現在は春日市にあるお寺のホールで開催されていまして
都会特有のコインパーキングがどうこうという
心配をしなくてよいのが助かります。

早速車を横付けして出品する荷物を降ろします。
経営員の方達が慣れた手付きで
あっという間に会場に運んでくれます。
いつもありがとうございます。

普段は出品物が揃うまでお茶を飲みながら
談笑しているのですが
今日は量が多いのでそこそこに切り上げ早速品定め。
気になるものは手に取って状態をチェックしたります。

 

写真には写ってないですが端側にもびっしりと
本やCD、古道具、紙モノ、古地図、史料などが並んでいますよ。

予想以上に出品が多かった事もあり
開札の時間が15分遅れでスタート。
経営員の方が開封していく横で高額のものや
人気のものには人だかりができ
時には歓声やどよめきが発生します。

当店もたくさん落札する事ができたのですが
一番欲しかった商品の落札値があと一歩届かずで
悔しい思いをします。
この道何十年の大ベテランの方達を相手に戦うのですから
致し方ない部分もありますがまだまだ修行不足です。

一緒に行った先輩古本屋さん2名も
首尾よく大量落札でき荷室を満載にして帰路に着きました。

博多市会の皆さま特選市お疲れ様でした。
大盛況のようで何よりです。
今後共よろしくお願いします。
今回はありがとうございました。

北九州の古本・古書の市場へ行ってきました

2017.11.28

当店から一番近い場所で開催されている
古本の業者市が北九州の市場です。
約60キロの道のりです。

午前6時半に先輩古本屋さんと待ち合わせして
一緒に関門トンネル経由で向かいます。
8時過ぎには会場に到着。
持ってきた荷物を出品して一息です。

北九州の市場ではいつもおにぎりの差し入れがあるのですが
今回は巻き寿司でした。
北九州組合の皆様いつもありがとうございます。

大げさではなく今までの人生で食べた巻き寿司の中で
一番おいしかったです。
2つ食したのですが
もっと遠慮せずに食べろよのお言葉がありましたので
更に2つ頂戴しました。
門司にあるお店で売っているそうです。
詳細はまたこちらでご紹介しようと思います。

市場はなかなかの荷物の量で
いつもは正午くらいには終わるのが
13時を過ぎていました。
こんな感じで各店の落札物が仕分けされていきます。

今回の当店の落札品です。

お昼ご飯は近くで見つけた中華料理屋でランチを注文。
気分は孤独のグルメです。

中華料理屋ですがいわゆる普通の定食のようなものもあり
今日のランチはトンカツ定食でした。
タレはソースと味噌のミックスを注文。
名古屋で味噌カツの魅力にはまった私にはうれしい展開。
更にこのボリュームで600円。
肝心の味もグッドでした。

何だか食レポのようになってしまいましたので
次回はもう少し市場の様子についてお話ししようと思います。

広島の古本・古書の市場へ行ってきました

2017.11.27

これまでは名古屋の業者市を主戦場としておりましたが
今年の春に山口県に移転してからは博多と北九州の業者市を利用して
本の売買をしております。

広島の市場は月1回開催されているのですが
なかなか都合が合わずいつの間にか11月。
ようやく参加する事ができました。

山陽小野田市を出発したのが朝の4時。
途中先輩の古本屋さん2名と合流し
朝食を食べ休憩をしつつ国道2号線をひたすら走ります。

9時過ぎにようやく到着。
広島の市場は集会所を借りて開催されていました。

持ってきた荷物を降ろし出品します。
とてもアットホームな雰囲気ですが
入札する時は皆さん真剣そのものです。

お昼頃には終了。
持って行った荷物も無事に売れて
欲しかったものも落札できました。

帰路の途中で昼食を取ります。
厳島がすぐ横に見えます。
これまでに4回行った事があるのですが
何度でも行ってみたいと思える場所です。

戻ってきたのは夕方17時。長い一日でした。
広島組合の皆さまお世話になりました。
今後共よろしくお願いします。

ページ上部へ